基本方針

Ⅰ.運営方針

 1.利用者を中心とした施設運営
   社会福祉に対する人々のニーズは、多様化、高度化するとともに常に変化しています。社会福祉施設は、これらの動向を的確に把握し、柔軟にか
   つ適切に対応していかなければなりません。
   福栄会の施設運営に当たっては、このことを踏まえ人間尊重の精神をもとに、絶えず利用者のニーズを的確に把握して、常に利用者を中心とした
   サービスの提供に努めていきます。  

 2.地域福祉事業との一体化
   品川区は、「品川区地域福祉計画」を策定し、高齢者や障害者をはじめすべての区民が地域社会の中で人間として尊重され、健康で文化的な生活
   ができるよう福祉施策を積極的に推進するため、地区社会福祉協議会を始め、社会福祉に関係のある施設・団体と一体となって地域福祉の向上に
   努めています。
   福栄会の運営に当たっては、全国的な保健福祉の動向を十分に理解し、品川区の福祉施策と一体となって、地域福祉の推進に努めて行きます。

 3.総合施設としての機能の発揮
   福栄会の施設は、高齢者福祉、知的障害者福祉、精神障害者福祉、児童福祉等各種の施設の複合体であり、それらの施設が一体的、統一的、合理
   的運営を図り、総合福祉施設としてのメリットを充分生かしたサービスの提供に努めて行きます。

Ⅱ.サービス方針

 1.「自立の援助」と「相互援助」
   いかなるときでも、人間性を最大限に尊重して、一人ひとりの生き方にあった、生き甲斐のある生活の援助に取り組みます。
   また相互に助け合い、励ましあっていく人間関係を大切にしていきます。

 2.専門的科学的サービスの提供
   常に利用者の問題の理解に努め、その解決のために職員の能力の開発、技能の修得を図り、専門的、科学的サービスの提供に愛情をもってあたり
   ます。

 


 新年度を迎えて
 

 

新型コロナウイルスの蔓延という大変な状況の中で令和2年度を迎えることとなりましたが、今年度も福栄会として、様々なことに取り組んでいきた
いと思っています。

一、開設30周年を迎えて
 平成2年に本部施設を開設してから30年を迎えました。開設時には本部施設1箇所のみであった福栄会も、その後、大崎在宅サービスセンター、
かがやき園、家庭あんしんセンター、かもめ工房など事業を拡大し大きく発展してきました。このように発展してきたのも、品川区をはじめ、地元町
会、関係団体の力強いご支援があったればこそと深く感謝しているところです。
 この30年は社会福祉の世界で大きな変化がありました。こうした中にあっても福栄会は一冠して、「利用者を中心とした施設運営」「地域福祉事
業との一体化」という基本理念のもとに運営してきました。これから複雑、多様化するニーズの変化に即応し、地域に根差し地域に開かれた福祉を推
進していきたいと思います。

二、新型コロナウイルス対策について
 福栄会は高齢者施設を含む総合施設であり高齢者施設に感染が及んだ場合の危険性は言うまでもありません。国の示す指針はもとより、福栄会とし
ても様々な工夫を凝らしながら感染防止に努めてきました。
 幸いにして福栄会では今のところ感染は発生しておりませんが、終息までには最低1年はかかるとの話もあり、長丁場になることが見込まれます。
これからも気を緩めずに万全の注意を払っていくことが、大切な利用者の生命を守るために不可欠です。

三、東品川ゆうゆうプラザの開設に向けて
 品川区が新たに設置する東品川ゆうゆうプラザを福栄会が受託することとなり、9月開設を予定しています。この東品川ゆうゆうプラザは東品川シ
ルバーセンターを改修し、新たに高齢者多世代高齢者施設としてスタートするもので、事業内容としては介護予防事業としての地域ミニデイや定期的
な多世代交流イベントなど様々な事業を予定しております。

四、利用者、職員共に快適な施設に
 福栄会の本部施設も築30年を経過し、老朽化が進んできています。今回の大規模修繕ではエレベーターの改修、照明のLED化、トイレの改修、
浴槽の交換などを実施してきました。また、利用者の安全と職員の負担軽減を目指し、ベットの全面交換、自走式リフトや天井走行リフトの導入など
を進めてきました。今後とも天井走行リフトの計画的導入を進めるなど、利用者と職員が共に快適に過ごすことができる福栄会を目指してまいります。

                                                           令和2年4月1日
                                                           社会福祉法人福栄会
                                                           理事長 野村 寛