基本方針

Ⅰ.運営方針

 1.利用者を中心とした施設運営
   社会福祉に対する人々のニーズは、多様化、高度化するとともに常に変化しています。社会福祉施設は、これらの動向を的確に把握し、柔軟にか
   つ適切に対応していかなければなりません。
   福栄会の施設運営に当たっては、このことを踏まえ人間尊重の精神をもとに、絶えず利用者のニーズを的確に把握して、常に利用者を中心とした
   サービスの提供に努めていきます。  

 2.地域福祉事業との一体化
   品川区は、「品川区地域福祉計画」を策定し、高齢者や障害者をはじめすべての区民が地域社会の中で人間として尊重され、健康で文化的な生活
   ができるよう福祉施策を積極的に推進するため、地区社会福祉協議会を始め、社会福祉に関係のある施設・団体と一体となって地域福祉の向上に
   努めています。
   福栄会の運営に当たっては、全国的な保健福祉の動向を十分に理解し、品川区の福祉施策と一体となって、地域福祉の推進に努めて行きます。

 3.総合施設としての機能の発揮
   福栄会の施設は、高齢者福祉、知的障害者福祉、精神障害者福祉、児童福祉等各種の施設の複合体であり、それらの施設が一体的、統一的、合理
   的運営を図り、総合福祉施設としてのメリットを充分生かしたサービスの提供に努めて行きます。

Ⅱ.サービス方針

 1.「自立の援助」と「相互援助」
   いかなるときでも、人間性を最大限に尊重して、一人ひとりの生き方にあった、生き甲斐のある生活の援助に取り組みます。
   また相互に助け合い、励ましあっていく人間関係を大切にしていきます。

 2.専門的科学的サービスの提供
   常に利用者の問題の理解に努め、その解決のために職員の能力の開発、技能の修得を図り、専門的、科学的サービスの提供に愛情をもってあたり
   ます。

 


 理事長からの新年の挨拶
 

 新年明けましておめでとうございます。

  福栄会は、高齢者福祉事業、障害者福祉事業及び児童福祉事業についての総合社会福祉施設としてサービスの質的向上を図る一方、健全な法人
 経営を行いながら、利用者やご家族を始め、地域の期待に応えられるようそれぞれの事業分野において、地域のニーズに対応したサービスの充実
 に積極的に取り組んでまいりました。
 輝かしい新年を迎え、利用者サービスの更なる向上と地域と密接に連携し貢献していくために、職員と一体となって福栄会を一歩でも二歩でも前
 進させていきたいと考えています。

 本年は、次のことに重点的に取り組みます。


 一、利用者サービスの更なる向上と魅力溢れる職場づくりを行うため、「福栄会3か年計画」に基づき計画的に事業を運営します。また、現在の
   3か年計画の計画期間が令和2年度末をもって終了することから、新たな3か年計画を作成してまいります。

 二、地域社会から一層信頼される法人となるため、地域貢献活動の充実や経営組織の強化に取り組みます。

 三、令和2年5月に福栄会開設30周年を迎えることから、開設記念事業に取り組みます。

 四、令和2年9月から新たに管理運営を開始する品川区立東品川高齢者多世代交流支援施設の運営に向けた準備と安定した運営に取り組みます。

 五、品川区立就学前乳幼児教育施設「ぷりすくーる西五反田」について、令和3年度からの施設受託に向けた準備に取り組みます。

 六、平成30年度に再構築した人事・給与制度と「福栄会キャリアパス」に基づく体系的な研修等により、質の高い人材の確保・育成に努めます。

 七、施設・設備の改善をさらに進め、利用者にとってより快適な生活環境と職員にとって働きやすい職場づくりに取り組みます。

 八、堅実な法人運営を行うために、高齢者介護施設、障害者支援施設の利用率の安定・向上に取り組みます。

 本年も、法人役員及び職員一同努力を重ねてまいります。変わらぬご指導ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
                                                        令和二年一月一日
                                                        社会福祉法人 福 栄 会
                                                        理事長 野村 寛